FIRST DOWNが生まれたのは、ルドルフ・ジュリアーニがニューヨーク市長に初当選した1993年のこと。
韓国系移民だった創業者 、YOUNG IN CHUNGは、ポケットの中の$100だけを握りしめて、ひとりニューヨークを目指しました。
アメリカにたどり着いた彼は、ニューヨークの街で構想を具体化し、ニュージャージーでFIRST DOWNの名を冠したブランドを設立しました。
そして、ダウンジャケットでナンバーワンの存在になるという大きな志と、アメリカンフットボールのファーストダウンとを掛けたその名とともに、記念すべき第一歩を踏み出したのです。
アメリカンドリームの実現を悲願とした彼は、“Dream It. Be It.”というキャッチフレーズを掲げて、精力的にものづくりに励みました。

以降、そのダウンジャケットの品質の高さとデザインのフレッシュさが当時を象徴する様々な分野のキーパーソンたちにも知られるところとなったのは、ノトーリアス B.I.G.やマイケル・ジャクソンといったアイコンたちの胸に、特徴的な山型のロゴが散見したことからもうかがえます。
中でもファーストダウン誕生当時から展開している「バブルジャケット」と名付けられたもっともオーセンティックなダウンジャケットは、ブランドを象徴するアイテムとして今日まで多くの人々に支持されてきました。
スパニッシュハーレムのヒップホップアーティスト、ボデガ・バムズが“93 with the First Down bubble” 『NAVY』とラップしているように、当時から今まで変わらず、ファーストダウンのヒストリーはニューヨークの街とともに在るのです。

1990年代にアメリカに生まれたこのダウンジャケットブランドは90年代のファッション、音楽においても重要な歴史の一つだ。
高い機能性と優れたデザインでアウトドア、タウンユースで支持されはじめたFIRST DOWNを感度の高い若者たちが見逃すはずはなかった。
音楽とファッション好きの若者たちへ急速に受け入れられていき、NYを象徴するダウンジャケットとなる。
2019年秋冬より再スタートするファーストコレクションは、世界的に有名な某ストリートブランドの元ネタにもなった、テープ使いやリバーシブルのデザインが特徴的なバブルダウンジャケットを中心に、FIRST DOWN の定番とも言えるモデルをラインナップ。
ただ復刻するだけではなくシルエットは現代的かつ都会的にアップデートしている。

FIRST DOWN USA

5商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
5商品 1-5表示
  • <
  • 1
  • >
5商品 1-5表示
  • < Prev
  • Next >